行政書士に必要な勉強時間は?

行政書士に合格するための勉強時間は色々な言われ方をしています。
600時間、800時間、1000時間など様々です。
確かにどの行政書士の勉強時間も間違えではありません。
600時間で合格できる人もいれば、1000時間で合格できる人もいます。

しかし、それはあくまでも結果論で、
実際にあなたが何時間勉強すれば行政書士に合格できるかと言うことは答えようがありません。
それは、1日何時間勉強すれば、東大に合格できるかと聞かれるようなものです。

行政書士に合格できる勉強時間というのは、
その人の学力・知識・学習法・環境などによって変わってきます。

例えば、あなたに法律の知識がなく、学生時代の成績が標準で、独学で勉強したとしましょう!
その場合だと、1000時間勉強しても合格できないと思います。
というよりも、多分挫折してしまいます。

逆に法学部出身で、学生時代から成績が優秀で、
通信や通学などを利用して勉強すれば、 400時間でも合格出来るかもしれません。

つまり、何が言いたいのかというと、そもそも何時間勉強すれば行政書士に合格できるかという答えはないということです。
そのことは多かれ、少なければ何らからの勉強した事のあるあなたも何となく理解できると思います。

しかしそうは言っても、これから行政書士の勉強する皆さんがどのくらい勉強すれば良いのか
ある程度の目安がほしいと思いますので、それぞれの勉強法やタイプ別に分けて、
行政書士の勉強時間を紹介していこうと思います。

ただ予め言っておくと、それはあくまでも目安で、
そのくらい勉強したからといって合格できるというわけではありません。

冒頭でもお話したように勉強時間には個人差があります。
そのことはくれぐれも忘れないようにして下さい。