行政書士の試験攻略法

できるだけ行政書士の勉強時間を減らして、試験に合格するためには、
効率的に勉強していかなくてはいけません。
そこで重要になるのは、各試験科目の勉強のバランスをしっかりと考える事です。

まずは以下をご覧下さい。

行政書士科目別の配点
<法令科目(244点)>
・行政法:92点
・民法:76点
・憲法:28点
・地方自治法:20点
・会社法:16点
・商法:4点
・基礎法学:8点
<一般知識>(56点)>
政治・経済・社会:24点
個人情報保護法及び情報関連:20点
文章理解:12点

上記は行政書士の各科目の配点になります。
毎年若干配点は変わりますが、それでも比率はそれほど変わりません。

次に行政書士の合格基準を見てみます。
・法令等科目の得点が、満点の50%以上である。
・一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である。
・満点の60%以上である。

まず、法令科目を見てみると、合格基準が満点の50%以上となっています。
そして、配点を見ると、行政法と民法で法令科目の約70%を占めている事がわかります。

つまり、法令科目の合格基準に達するためには、
行政法と民法を攻略しなければいけないのです。
特に行政法は最も配点が大きく、攻略しやすい科目でもあります。

逆に民法は出題範囲が広く、まともに勉強してはとても短期間で終わらせる事は出来ません。
ですので、ある程度捨てる問題と確実に得点する問題を分けて、
勉強する事が重要なのです。

尚、行政法と民法は総合点でも55%も占めるので、
重点的に時間を使って、勉強して下さい。

一般知識に関しても同じ理屈です。
どの各目を重点的に勉強すれば良いのか、
しっかりと見極めてから勉強する事です。

最後にもう一度言いますが、
間違っても全科目同じ時間で満遍なく勉強する事はやめて下さい。

合格するためには、どの科目を重点的に勉強するかしっかりと考えることが
短期間で合格にする秘訣です。
絶対にそのことは忘れないで下さい。

>>これだけの教材がそろっていれば、ゼロからのスタートでも合格できますね