行政書士の難易度!

行政書士の勉強時間を理解するためには、試験の難易度がポイントになります。
特に独学で勉強される方は必ずご覧になって下さい。

まずは行政書士の合格率を見て下さい。
平成16年度 5.33%
平成17年度 2.62%
平成18年度 4.79%
平成19年度 8.64%
平成20年度 6.47%
平成21年度 9.05%
平成22年度 6.60%
平成23年度 8.05%
平成24年度 9.19%
平成25年度 10.10%
平成26年度 8.27%

説明するまでもありませんが、合格率がほとんど毎年1桁台です。
特に平成17年度はなんと、2%台です。
つまり、100人受験してたった2人しか合格出来ない計算になります。
この年の数字だけで判断すれば、超難関試験の司法試験と変わらない合格率です。

皆さんは、このような試験に合格しようとしているのです。

少し話を戻しますが、独学のページで、
「独学で勉強しようとする方に違和感を覚えると」言いました。
もちろん中には本当に勉強が得意な人がいて、独学で合格できる人もいます。

しかし、そのような人は極わずかです。

多くの方は、通信講座や通学講座を受講しながら、大変な勉強をして合格するのです。
でもそれは少し考えれば分かる事で、行政書士のように極一部の人しか合格できない試験を
普通に勉強して合格できるはずがありません。
他の人よりも優れた教材で、多くの勉強時間をこなさなければ、
合 格できるはずがないのです。
まずは、そのことを理解してほしいと思います。

しかし、だからと言って、「私には合格は無理だと」諦める必要はありません。
知識がまったくなくても行政書士は十分に合格できる試験です。

確かに行政書士は合格率が低いですが、
それは受験者のレベルがあまり高くないことも 影響しています。

行政書士は、誰でも受験でき、人気資格でもあるので、
多くの方は、しっかりと受験対策もしないで、まぐれ合格を狙ってきます。
そのような受験者が多くなれば、当然合格率も低くなります。

また、行政書士は法律の登竜門的な試験で、
他の法律系の試験のお試しとして受験する方もいます。

ですので、合格率は低くですが、数字ほどの難易度はないと思います。

しかし、誤解のないようにもう一度言うと、行政書士は難易度の高い試験です。

>>これだけの教材がそろっていれば、ゼロからのスタートでも合格できますね