行政書士の試験を解剖

■試験日
毎年11月第2日曜日に実施されます。

■受験資格
年齢・学歴・性別関係なく誰でも受験することが可能です。

■試験科目
●法令科目(出題数46題)
・行政書士の業務に関し必要な法令等
・憲法、民法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を中心とする)、商法(会社法)、基礎法学
●一般知識(出題数14題)
・政治・経済・社会 ・情報通信・個人情報保護 ・文章理解

■試験の方式
択一式(マークシート)及び記述式
※記述式は40字程度で記述するものを出題します。

■合格基準
以下の要件、全てを満たしていること。
・行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である。
・行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である。
・試験全体の得点が、満点の60%以上である。

■試験時間
午後1時~午後4時

■受験料
7,000円

■申し込み・問い合わせ先
・申込み期間
8月上旬から9月上旬くらいまで
http://gyosei-shiken.or.jp/

行政書士の試験で必ずチェックしてほしいのは合格基準です。

行政書士は法令と一般知識、そして総合点に合格基準が定められています。
そのことは学習を進める上で、非常に重要なポイントになります。
例えば法令ならどの科目を重点的に勉強して、
どの科目の力を抜くのか 色々わかってきます。

出来るだけ勉強時間を減らすためには、 効率的な勉強が必要で、
そのためには各科目の勉強時間のバランスが重要になります。
間違っても、全ての科目の勉強時間を同じにしてはいけません。
そのことは忘れないで下さい。

>>これだけの教材がそろっていれば、ゼロからのスタートでも合格できますね